カテゴリ一覧

HOME>特集>iPhone7用ケースの素材に注目【自分に合ったケースとは?】

iPhone7用ケースの素材に注目【自分に合ったケースとは?】

複数のスマホケース

革やメタルの素材がある

手軽に付け替えて見た目やおしゃれを楽しめるのが、iPhone7のケースです。カラーバリエーションが豊富でキャラクター物も多く、好みのiPhone7ケースを付けて個性を演出するのが流行っています。素材はプラスチックやシリコンを使ったものが多いのですが、レザーや金属のケースも登場しています。ビジネスシーンで使うなら、こうした本格的な素材のiPhone7ケースを選ぶのが良いでしょう。なぜならどれも高級感のある仕上がりで、大人が持つのにふさわしい風格を備えているからです。例えば革を使った商品は、使うほどに周囲が柔らかくなじみ、色合いも変化します。スーツスタイルとの相性も良く、オフィスで使っても違和感がありません。金属製のものも、iPhone7を守りたい方におすすめです。十分な強度があるので、外で使うことが多い方にぴったりです。

スマホケース

よく落とす人は手帳型がいい

小さくてコンパクトに作られているiPhone7は、持ち運びしやすい一方で落としやすいという課題も抱えています。買ったばかりのiPhone7を、うっかり落として傷つけ、がっかりした方も多いのではないでしょうか。そんな失敗を防ぐには、手帳型のiPhone7ケースをおすすめします。手帳のように開いて使うこのケースは、本体を保護するトレイ部分とタッチパネルを保護するフタ部分からできています。他のケースと違ってフタが付いているため、誤って落としても大切なタッチパネルを守ることができます。フタはバンドやボタンで開かないようにできますから、バッグの中で誤動作してしまうのも防げます。画面にヒビが入ると操作にも支障をきたす恐れがあるだけに、画面まで覆ってくれる手帳型を使ってiPhone7を守りましょう。